岡野小学校5年
(左写真)洗米し、しばらく水にひたしているところです。水加減に気をつけて・・・。さあ、おいしいご飯がたけるかな!?
      青空の下、黒豆の収穫について話を真剣に聞いています。(写真↓)
〜  丹波の農業再発見教室 〜
ピース!
(右写真)おにぎり完成〜!!ゆかりやのり、おかかなど、自分たちで工夫しながら具をつめていきました。塩加減もいい感じ!
いつもは炊飯器でご飯を炊くので、ほとんどの子は、初めてお鍋でご飯を炊きました。

 実際の畑での収穫は、みんな黙々と豆取りの作業をしていました。
(もちろん、収穫した豆はおみやげに。おいしくいただけましたでしょうか?) 子ども達の感想では、「農業は、大変だけどカッコイイ」のお話がとても印象に残っていたようです。少しでも農業に興味を持ってもらえれば嬉しいですね。
 5年生は、産業高校との交流でお米作りを体験しています。しかし、篠山でお米以外にどのような作物が作られているか、どんな工夫や苦労があるのか?を知る機会はほとんどありませんでした。そこで、西浜谷の阪東さんをお招きして、農業の実態や素晴らしさについてお話を聞きました。

↓(写真)阪東さんは、岡野小学校の卒業生だそうです。(5年生の先輩ですね)
 バスの中では、リーダーさんとのお別れ会。感動の自然学校になりました。
子どもたちにとっても忘れられない思い出になりました!
  5年生43人は、6月20日(月)〜24日(金)まで佐津海岸へ自然学校に行ってきました。心配していた雨もほとんどなく、全員元気にすべての活動をすることができました
ご飯が炊ける前になると、家庭科室のあちこちから、湯気が立ち上りました。そして、美味しいご飯の
においがひろがりました。
そして、炊きたてのご飯をみんなで「いただきまーす!」
どちらのクラスでも、おいしくご飯をたくことができました。お家でも、ぜひぜひ挑戦して欲しいですね。
1月31日(火)、5年生1組2組ともに家庭科の調理実習がありました。今回は、お鍋を使ってご飯をたくことに挑戦しました。
ホカホカご飯が炊けました!
阪東さんは、「耕しや」の代表として、今では珍しい「専業農家」です。
西浜谷を中心に岡野小学校のすぐそばの田んぼでも栽培されています。全ての土地を合わせると、「岡野小学校のグラウンドの約10倍」とお話しされると、子どもたちは、「えー」「広い!」と大変びっくりしていました。
貴重なお話と体験になりました
  ちくわづくりや漁港見学、いかだ下り、カヌーやスノーケルなど初めて体験する活動ばかりで子どもたちは元気いっぱい活動しました。