情報モラルの授業 3・4年生

情報モラル教育アドバイザーの今度珠美先生をお招きしての授業については、3,4年生合同でも行い、「ネットやゲームで遊ぶ時のルール」について学習をしました。学習では、動画サイトを見ることがやめられなくなった4年生のミクシ君が登場しました。ミクシ君はどうしてやめられなくなってしまったのか、どうすればやめることができたのかを、みんなで考えました。その後、これからゲームやネットで遊ぶ時のルールを一人一人が考えました。その自分が決めたルールをお家の方と確認するのが、この日の子どもたちの宿題となりました。

<お家の方の感想>・きちんと考えられて、えらかったなと思います。
・上手にゲームやネットと付き合って、楽しんでほしいです。
・自分のやるべきことを終わらせてから、楽しむようにしましょう。
・時々、こんな風に自分の振り返りができるといいね!
・ルールを自分で決めたなら、しっかり守ってね。いっしょにがんばろう!

依存予備軍になっていませんか?今度先生には、お子さんのためにおうちの方に意識していただきたいこと、気をつけていただきたいことも教えていただきましたので、ご紹介させていただきます。

1.毎日継続して2時間以上ネット視聴、SNS、ゲームプレイを続けている。 2.ゲームやネット、SNSをしていないときにイライラしたり、不安な気持ちになる。   .やめたい時にすぐやめられない。 4.してはいけない時に使ってしまう。

上記の項目に2つ以上当てはまる場合、ネット依存症予備軍である可能性があります。お子さんは大丈夫でしょうか。

4つの項目の中で特に深刻なのは、3の「してはいけない時に使ってしまう」だそうです。してはいけない時とは、食事中、勉強中、布団の中などです。ネット依存にならないためには、ご家庭でのルール作りが重要となります。お家でのルールをお子さんと再度ご確認ください。以下のルールも効果的なそうです。ご参考に下さい。

「ネットの使用記録をつける」 「一日の利用上限を決める」「いつでも利用できる状態を維持しない(子どものそばに置かない)」 「家族が見ている場所で利用するようにする」 

また、こういったルールは定期的な振り返りが大切になります。学校でも再度ルールを守れているか振り返りを実施する予定です。ご協力お願いいたします。

書写は《書く人の心を写す》 3年生

今年度、みんなと書写をして気づいたことがあります。それは、書写には学習の基本がつまっているということです。「字を書くときの姿勢」、「真似をする力」「思い通りにいかなくても最後までやりきる力」、「丁寧にする力」、「道具を大切にする力」、「全体を見て動く力」、「自分の一番を選ぶ力」などなど・・・大人になっても必要な力ばかりです。
さらに、字の上手さは人それぞれですが、字の様子を見ればその子の心の様子がなんとなくわかります(あせってるとか、怒ってる?とか、集中しているなぁとかね。)

「書写はその人の今の心を写す」私が小学生の時、教えてもらった言葉です。

なぜ、学校で書写をするのか?「自分の心をコントロールして、いつでも集中できるようになるため」というのが私の考えです。これからも一字一字大切に書いていこう!

 

書き初め大会

8日、3・4年生70名が体育館に一堂に会し、書き初め大会をしました。今年も会場は体育館。広い会場、2階から陽の光が差し込み、荘厳な雰囲気。そこにお正月のBGM「春の海」が流れています。いざ書き始めると、BGMだけが静かに響き、心地よいほどの集中力。みんなの雰囲気がますます気持ちを高めていました。子どもたちはこれまでの練習を活かし、最後まで集中しながら自分の納得のいく作品を仕上げていました。明日は5・6年です。

 

丹波焼を体験!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伝統工芸士の市野克明さんの丹波焼の説明や、土練り、ろくろ成形などのお手本を見て、児童の作陶体験を行いました。丹波焼の作陶を体験することで、丹波篠山の伝統文化や生まれ育ったふるさとの良さを体験的に学習することができました。

県造形教育研究大会 公開授業3年生

22日(木)、兵庫県造形教育研究大会が篠山市で開催され、本校3年生が会場の味間小学校で公開授業に取り組みました。普段の授業をそそまま味間小学校に移して、丹波焼のふるさとの土を使って粘土の学習をしました。「切って かき出して くっつけて」のもと、子どもたちはとっても真剣に粘土に向き合い、夢中になって組み立てたり、ほったりしていました。たくさんの先生方が参観されていましたが、子どもたちはいつもどおり楽しく学習できました。

 

3・4年生 音楽会がんばりました!

11月2日、篠山市小・特別支援学校音楽会がありました。岡野小学校は3・4年生が合同で参加し、合唱「旅立ちの時」と合奏「アフリカンシンフォニー」を披露しました。舞台に上がった子どもたちは緊張の面持ちでしたが、指揮者をじっと見つめながら、合唱では一生懸命歌い上げ、合奏でも力強く奏で終え、この日に向けて毎日頑張ってきた練習の成果を存分に発揮することができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

しょうゆもの知り博士を招いての学習 3年生

9日(火)、3年生が「しょうゆ教室」に取り組みました。龍野の醤油会社から2名のしょうゆ博士に来ていただきました。今、3年生は黒大豆を育てています。醤油の原料でもある豆に関心をもって欲しいという思いからこの学習に取り組みました。今日は、できたての醤油が赤いことや麹菌のひみつ、作っておられる人たちの思いをはじめ、醤油についてたくさん学ぶことができました。

岡野地区敬老会祝典参加 3年生

17日(月)、岡野地区敬老会の祝典がユニトピアささやまで行われ、本校3年生がアトラクションのところで、お祝いメッセージを伝え、歌の発表をしました。歌は「もみじ」と「365日の紙飛行機」の2曲です。「365日の紙飛行機」は地元コーラスグループの「わらべうたの会」のみなさんと一緒に歌いました。先週、合同練習をしたこともあり、子どもたちは、はつらつとした大きな声で歌うことができていました。最後の「とんでゆけ… とんでいこう…」のところで全員が紙飛行機を飛ばしました。紙飛行機には、おじいさん、おばあさんたちに宛てたメッセージが書いてありました。

わらべうたの会との合同練習 3年生

11日(火)の6校時、3年生35名が、地元のコーラスグループ「わらべうたの会」のみなさんに来ていただいて、歌の合同練習をしました。もうすぐ開催される岡野地区敬老会の祝典で、わらべうたの会のみなさんと本校児童が一緒になって歌を披露するのが恒例行事となっています。今年から、事前練習をしましょうというお誘いを受けて、この取り組みとなりました。平日でしたが19名もの会の皆さんが駆けつけてくださいました。歌は「365日の紙飛行機」です。お互いに練習してきており、初めて合わせましたが、とて上手に歌えていました。最後に、歌にちなんで、よく飛ぶ紙飛行機の折り方を教えていただき、それぞれで作りました。歌のフィニッシュでみんなで飛ばすかも知れません。