3年生 オオムラサキ日記 羽化の瞬間!

注目

子どもたちが観察しやすいようにと、オオムラサキのサナギを一匹、教室の前の飼育箱の中に入れて育てていました。

教室前のオオムラサキのサナギ

教室前のオオムラサキのサナギ

そのサナギが7月6日(月)の朝休みの時間に、羽化しました。みんな大騒ぎで先生を呼びに行こうとしたのですが、先生は打ち合わせ中で、自分たちだけで観察を続けました。羽を出そうとするオオムラサキの姿を応援しながら、様子をじっくり観察しました。頭から出てくる様子、しわしわな羽がだんだん伸びていく様子、羽を伸ばすときに使った体液の残りを体から出す様子などをとても詳しく観察でました。

羽化したばかりの成虫!

羽化したばかりの成虫!

みんなで観察!

みんなで観察!

羽化の瞬間を見ることができ、みんな大喜びするとともに、生命の素晴らしさを感じ取ることができました。羽化した成虫は、とても元気にしています。さっそく仲間のいるケージに放すと,元気に飛び回っていました。

3年生 オオムラサキ日記

注目

3年生で育てているオオムラサキが、6月9日にサナギから羽化しました。羽の色を見てみるとムラサキ色をしているのでオスです。

オスの成虫!

オスの成虫!

3年生のみんなで羽化を喜び合った後、観察をしました。すると、「先生、足が4本しかありません!」「昆虫じゃない!」と大騒ぎです。見てみると本当に足は4本しか見えません。子どもたちの観察力は素晴らしいです!しかし、よく見ると前の2本の足を折りたたんでいます。オオムラサキは6本の足のうち、2本の足は使わなくなってしまったので4本に見えるのです。だから、オオムラサキも昆虫の仲間です。子どもたちにその話をすると、もう一度オオムラサキを観察して足の様子を確かめていました。みんなどんどんオオムラサキについて詳しくなってきました。

エサを食べています!

エサを食べています!

次の日また2頭が羽化しました。羽の色はどちらもムラサキ色。またまたオスです。オオムラサキは、先にオスが羽化してメスの羽化を待っていることが多いようです。何日かして、今度は羽が黒い色の成虫が2頭羽化しました。今度はメスです。オスよりも大きいです。今、岡野小学校のケージの中は、成虫がオスもメスも元気に飛んでいます。子どもたちも理科の時間だけでなく、休み時間にもよく観察してくれています。これからも世話をしっかりしていきます。

ケージの中で!

ケージの中で

3年生 黒豆の植えかえ

注目

先日、3年生みんなで植えた黒豆の種が芽を出し、葉が大きくなりました。いよいよ植えかえの時期になりました。

大きくなったよ!

大きくなったよ!

6月24日(水)に、農業委員の谷田さんを講師として迎え、黒豆の苗を学校の外にある畑に植え替えました。畑は、学校から南へ少し歩いて行った所にあります。畑の前で、谷田さんにあいさつをし、植え方を教えていただきました。さっそく一人一本ずつ苗を持ち、畝の真ん中に穴を掘って植えていきました。横の苗との間は約45cmずつ開けます。間隔を開けるときは、谷田さんが持っておられた45cmの目印のついた棒を使わせてもらいました。

谷田さんに教えていただきました。

谷田さんに教えていただきました。

45cm間隔で植えます。

45cm間隔で植えます。

みんなで協力して!

みんなで協力して!

みんなで協力して、畑いっぱいに植えることができました。大きくなるのが楽しみです。谷田さんには、畑の準備などたくさんのことをお世話になりました。ありがとうございました。

3年 黒豆の学習

6月10日(木)、3年生は農業委員の谷田さんを講師に招いて黒豆の学習を行いました。オオムラサキの学習の時と同じように、遠隔会議システム(Zoom)を使って、谷田さんにはパソコンルームからお話をしていただきました。

zoomを使って学習!

zoomを使って学習!

丹波黒大豆が篠山でたくさん作られている理由や、植え方などを本物の黒豆を見ながら詳しく教えていただきました。その後、実際にワークスペースで種植えをしました。一人3粒ずつ、おへそが上にならないようにして、ていねいに植えました。芽が出るのが楽しみです。

おへそを下にして…。

おへそを下にして…。

早く芽が出ますように!

早く芽が出ますように!

谷田さんには、これから黒豆の育て方をたくさん教わっていきます。よろしくお願いします。

3年オオムラサキの学習 

注目

6月5日(金)の3・4時間目、3年生の総合的な学習の時間に、丹波の森公苑より角谷先生を講師に招いて、オオムラサキの学習をしました。角谷先生は岡野校区在住の方で、オオムラサキを始め、たくさん岡野小学校の活動についてお世話になっています。今年は、ウイルス感染防止のために、角谷先生には教室に来ていただかずに、遠隔会議システム(zoom)を使って、パソコンルームから話していただきました。

zoomで学習!

zoomで学習!

角谷先生はパソコン室で。

角谷先生はパソコン室で。

3時間目は、画面に映った角谷先生とあいさつをした後、角谷先生のお話を聞きました。まず、里山のこと、外来種のこと、絶滅危惧種のことなど、生き物をとりまく現在の状況を、クイズを交えながら詳しく教えていただきました。そして次はオオムラサキのことです。オスとメスの違い、食べ物、育ち方など初めて知ることばかりで、子どもたちはとても興味深く聞いていました。また、リアルタイムで角谷先生と話すことができるので、思ったことを言ったり、クイズの答えを言ったり、まるで教室に角谷先生がおられるような雰囲気で学習をすることができました。

分かる人?はい!

分かる人?はい!

オスはこちらだと思います!!

オスはこちらだと思います!!

4時間目は、実際に幼虫を見せてもらいました。子どもたちは、大きく育ったかわいい6令の幼虫をしっかりと観察することができました。一人ずつにオオムラサキの本もいただきみんな感激していました。

幼虫、かわいいね!

幼虫、かわいいね!

今、ケージの中では数匹のオオムラサキの幼虫がいます。サナギになっているものもいます。これから3年生みんなで大切に育て、観察していきたいと思います。角谷先生、ありがとうございました。

ケージの中のサナギです。

ケージの中のサナギです。

 

 

オオムラサキ日記 5月15日

注目

3年生教室前で育てているオオムラサキの幼虫が大きくなってきました。幼虫の間はエノキの木の葉をエサにして食べます。すごい勢いで食べるので、葉がすぐに少なくなってしまいます。また、なわばり意識も強いので、1m位の木では2匹位しか飼うことができません。

エノキの植木

エノキの植木

モリモリ食べます!

モリモリ食べます!

今は5齢(5才)幼虫ですが、大きい幼虫で5cmもの大きさになります。この後、また成長すると6齢幼虫になります。

大きくなりました!

大きくなりました!

兵庫県のオオムラサキの幼虫は、6齢で終わりで、この後はいよいよ蛹(サナギ)になります。サナギになるのは6月頃です。エノキの葉が少なくなってきたら、たくさん葉のある大きなケージに移してあげようと思います。

オオムラサキ日記 4月24日

注目

国蝶のオオムラサキを毎年3年生が育てています。オオムラサキは、幼虫のまま地面のエノキの葉の下で冬を過ごします。冬の間眠っていた幼虫は、春になり暖かくなると目を覚まします。目を覚ますとエノキの木に登ってきて、エノキの葉が芽吹くのを待ちます。

冬の間は敵から身を守るために枯れ葉と同じ茶色でしたが、エノキの葉が大きくなってくると、体の色を葉っぱと同じ緑色にします。そして、もりもり葉っぱを食べ、皮を脱いで大きくなっていきます。

葉っぱを食べに移動中!

葉っぱを食べに移動中!

岡野小学校のオオムラサキの幼虫は今、教室の前の小さなエノキの植木にいます。数匹が目を覚まし、木に登ってきて、エノキの葉をモリモリ食べています。早く岡野小学校の子どもたちに会いたいと言っているようです。

緑色に変身!

緑色に変身!

 

3年生の学級経営目標

注目

3年生スタート!!! 1年間よろしくお願いします!

TEAM AS ONE ~チカラをひとつに~ のもと、3つのことをがんばります!

「本とつながろう」読む子は育つ。夢の実現にむけて、自分の世界を広げよう!

「人とつながろう」自分や友だちを認め合い、一つのチームになろう!

「故郷とつながろう」故郷のことをまとめ、故郷を愛する心を育てよう!

3年集合写真

3年 消防署見学

注目

社会科では「火事からくらしを守る」の学習をしています。最初に学校の消防設備についていろいろと調べた後、次は丹波篠山市の火事について調べました。調べる中で、丹波篠山市を守っている消防署についてもっと知りたいということになり、見学させてもらうことにしました。1月23日の見学では、消防署の仕事について説明していただいたり、放水体験をさせていただいたり、消防車や救急車に乗せていただいたりして、とてもよい学習ができました。見学したことを社会科の授業の中でしっかりとまとめていきます。

消防署の方に説明していただきました。

消防署の方に説明していただきました。

放水体験

放水体験

救助工作車の説明

救助工作車の説明

救急車の中を見学

救急車の中を見学

3年 豆かち(黒豆の収穫)

注目

1月15日(水)に、乾燥させた黒豆をさやから出す作業、「豆かち」を行いました。講師としてお世話になっている谷田さんにやり方を教えてもらい、みんなで乾燥させたさやの中から黒豆を取り出しました。最初は一つひとつ取り出していた子も、慣れてきたら枝ごと叩きつけて上手に取り出せるようになりました。たくさん立派な黒豆が収穫できたので、2月には黒豆ご飯や黒豆茶にしていただく予定です。

説明を聞いて…。

説明を聞いて…。

豆かち開始!

豆かち開始!

たくさん収穫できました!

たくさん収穫できました。