4年生が外国語活動を行いました。

4年生が、ALT(外国語指導助手)と一緒に英語の学習をしました。

曜日等の英語の言い方も覚え、アルファベットの発音などを確かめました。

ペアを作って間に消しゴムを1つ置き、頭に手を置いて、ALTが発音されたキーワードが聞こえたら消しゴムを速く取り合うゲームも楽しみました。4年生外国語活動

消防署を見学しました。

社会科の学習で、みんなのくらしを守るための仕事について学習しています。

5月17日には、実際に消防署へ伺い、仕事の様子を教えていただいたり、ポンプ車からの放水等いろいろな体験をさせていただいたりしました。

4年生は、興味津々で、熱心に話を聞き、しっかりと学んでいました。

 

岡野隕鉄 パンフレット完成

4年生が総合的な学習で取り組んだ「岡野隕鉄の学習」の集大成ともいうべきパンフレットが完成しました。ふるさとを代表する貴重な遺産であり、是非地元の人たちに知って欲しいという願いがあります。そこで、岡野小コミュニティ・スクールに協力をいただき、このパンフレットを岡野地区全戸(約1200戸)に配布する予定です。

すごいぞ!岡野隕鉄(パンフレットH30年度4年生)

 

参観日「二分の一成人式」4年生

「二分の一成人式」では、子どもたちが、自分たちの成長や感謝の気持ちを伝えようと一生懸命考え、練習をしてきました。また、たくさんの掲示物を作り、準備を進めてきました。また、4年生全員によるダンスは、来週の6年生を送る会のために練習しているものです。「マルモリダンス」が流行ったのは、4年生の子どもたちが3才くらいだったでしょうか。中には「小さいころにおどってたんだって!」と言っている子もいました。

新旧児童会役員あいさつ

先週の児童朝会で、新しく選出された次年度前期児童会役員のあいさつと、これまで1年間児童会を引っ張ってきた現役員のあいさつがありました。みんなを代表する役員たちのあいさつはとても立派でした。新役員からは、これから頑張っていきますという決意が伝わってくる内容ばかりであり、頼もしさを感じました。旧役員からは、役員をしたことが自分たちにとって、とても良い経験となったということが伝わってきました。

岡野隕鉄キャラクターをつくろう!(4年生)

総合的な学習では、グループに分かれて活動を行っています。その中の「岡野隕鉄キャラクターづくり」グループから、全校生にどのデザインがいいのか、朝会で投票を呼びかけました。

学習発表会後に、4年生のみんなからキャラクター案を出し、その中から選ばれた3つから、いよいよ1つにしぼります。今回投票される3つのデザイン案は、どれになってもみんなに愛されるキャラクターになってくれそうで、1つに決めるのがもったいないくらいです。子どもたちからは、「保護者の方にも投票してもらったらどう?」という意見もあり、うまくいけば、今月26日の参観日の時に、投票用紙をおいてもらえるかもしれません。その際には、ご協力よろしくお願いします。

児童会役員選挙 5年生・4年生

8日(金)に児童会役員選挙(前期)を行いました。23名もの立候補がありました。たくさん立候補者がいたことは、とても頼もしいことでした。

この日に至るまで、スピーチ原稿を何度も書き直したり、選挙ポスターを書いたり、演説の練習をしたり、それぞれが一生懸命取り組んできました。

本番では緊張もある中、全校生の前で「学校をさらによくしたい!!」という思いを込めて演説をしました。全員が魂のこもった声で、はっきりと自分の思いを伝えることができていたのに感心しました。

この日の5時間目終了後、教室にて全員で選挙結果を放送で聞きました。各役職の当選者の発表がありました。もちろんくやしい思いをしていた子もいました。ただクラス全体としては、当選者を応援していこうというよい雰囲気で終わることができました。当選者もみんなの思いを背負って立つ覚悟がその表情からうかがえました。

次年度より、児童会は2期制になります。10月には、後期の役員選挙が予定されています。まだまだチャレンジできます。

情報モラルの授業 3・4年生

情報モラル教育アドバイザーの今度珠美先生をお招きしての授業については、3,4年生合同でも行い、「ネットやゲームで遊ぶ時のルール」について学習をしました。学習では、動画サイトを見ることがやめられなくなった4年生のミクシ君が登場しました。ミクシ君はどうしてやめられなくなってしまったのか、どうすればやめることができたのかを、みんなで考えました。その後、これからゲームやネットで遊ぶ時のルールを一人一人が考えました。その自分が決めたルールをお家の方と確認するのが、この日の子どもたちの宿題となりました。

<お家の方の感想>・きちんと考えられて、えらかったなと思います。
・上手にゲームやネットと付き合って、楽しんでほしいです。
・自分のやるべきことを終わらせてから、楽しむようにしましょう。
・時々、こんな風に自分の振り返りができるといいね!
・ルールを自分で決めたなら、しっかり守ってね。いっしょにがんばろう!

依存予備軍になっていませんか?今度先生には、お子さんのためにおうちの方に意識していただきたいこと、気をつけていただきたいことも教えていただきましたので、ご紹介させていただきます。

1.毎日継続して2時間以上ネット視聴、SNS、ゲームプレイを続けている。 2.ゲームやネット、SNSをしていないときにイライラしたり、不安な気持ちになる。   .やめたい時にすぐやめられない。 4.してはいけない時に使ってしまう。

上記の項目に2つ以上当てはまる場合、ネット依存症予備軍である可能性があります。お子さんは大丈夫でしょうか。

4つの項目の中で特に深刻なのは、3の「してはいけない時に使ってしまう」だそうです。してはいけない時とは、食事中、勉強中、布団の中などです。ネット依存にならないためには、ご家庭でのルール作りが重要となります。お家でのルールをお子さんと再度ご確認ください。以下のルールも効果的なそうです。ご参考に下さい。

「ネットの使用記録をつける」 「一日の利用上限を決める」「いつでも利用できる状態を維持しない(子どものそばに置かない)」 「家族が見ている場所で利用するようにする」 

また、こういったルールは定期的な振り返りが大切になります。学校でも再度ルールを守れているか振り返りを実施する予定です。ご協力お願いいたします。

国際理解プログラム学習 4年生

23日、国際理解プログラムとして、フィリピンについて学習しました。フィリピン出身の北村エレオノルさんと国際理解センターの野村さんを講師としてお招きし、フィリピンの生活や文化について教えていただきました。子どもたちは、日本とは大きく異なる生活の様子に驚き、本物のヤシの実を手に取って歓声を上げていました。

実際にフィリピンの文化を体験する時間もあり、みんな大喜びでフィリピンの民族衣装の「マロン」を身にまとい、フィリピンで親しまれている遊び「タッキャン」に挑戦しました。