みんなで42.195㎞ 6年生

7日(水)、卒業プロジェクトの目玉の企画、「みんなで42.195㎞!!」をしました。全員でリレーをし、フルマラソンの距離42.195㎞を走るという企画です。6年生25人と担任、途中保護者のみなさまや他学年の子どもたち、岡野小の先生方にもバトンをつないでいただき、見事42.195㎞(運動場276周)を走り終えることができました。タイムは2時間30分43秒でした。「3時間以内でゴールする」という目標を立てていたのですが、見事目標達成でした。応援も大盛り上がりで、最後まで楽しく走ることができました。

走る前は、「私は体力がないから不安や!走り切れるかな?」と言っていた子も弱音を吐かず、最後まで笑顔で走り切りました。これから先、不安なこと・苦しいことがあると思います。そんな時は、みんなでやり遂げたこの日のこと思い出し、がんばってほしいです。

 

6年生を送る会

5日(火)、これまでお世話になってきた6年生に感謝の思いを伝える「6年生を送る会」を行いました。次のバトンを受け継ぐ5年生が中心となって計画・準備・運営しました。前半は縦割り班ごとに一緒に楽しむゲームをしました。どのコーナーも5年生が上手に進行していました。後半は、下級生が学年ごとに6年生にメッセージを伝えたり、用意してきたプレゼントを渡しました。最後には6年生からお礼の劇がありました。大いに盛り上がりました。さすが6年生!楽しいパフォーマンスでした。その姿はしっかり下級生たちに伝わったことと思います。5年生たちの頑張りのおかげで、最後まであたたかい雰囲気で会を終えることができました。うまく運営でき、5年生にとっては大きな自信になったことでしょう。

 

 

新旧児童会役員あいさつ

先週の児童朝会で、新しく選出された次年度前期児童会役員のあいさつと、これまで1年間児童会を引っ張ってきた現役員のあいさつがありました。みんなを代表する役員たちのあいさつはとても立派でした。新役員からは、これから頑張っていきますという決意が伝わってくる内容ばかりであり、頼もしさを感じました。旧役員からは、役員をしたことが自分たちにとって、とても良い経験となったということが伝わってきました。

飲酒・喫煙・薬物乱用防止教室 6年生

先週、安田学校薬剤師 士さんをゲストティチャーとしてお迎えして、「飲酒・喫煙・薬物乱用防止教室」を実施しました。

はじめに、飲酒についてお話していただきました。「お酒は何歳から飲めるか?」という質問に「20歳から!」と正しく答えられていました。お酒を長い間過度に飲み続けると、脳・肝臓・心臓などに害が現れ、様々な病気になりやすくなることを教えていただきました。そして、なぜ未成年が飲酒をしてはいけないのかを教えていただきました。未成年は体が未発達なので、特に害が大きいそうです。

次に、喫煙についてお話していただきました。たばこを吸うと体が酸素不足になり頭がボーっとするや何年もたばこを吸い続けるとがん等の病気になる可能性が高くなるなどのことを教えていただきました。

最後に、薬物について教えていただきました。医薬品は病気やけがを治すためなどに使われていますが、シンナーや覚せい剤や大麻など医薬品以外の化学物質を乱用すると体に多くの害を与えること、とても恐ろしいものであることを知りました。

覚せい剤などの薬物を乱用することや未成年の喫煙・飲酒は法律で禁止されていることを何度も確認しました。

下級生との思い出づくり(6年生)

卒業プロジェクトの1つとして、下級生と最後に楽しい思い出を作ろうと1~5年生のそれぞれの学年とのみんな遊びを思い出づくり委員が計画してくれています。その第1弾として、5年生とドッジボールを実施しました。6年生25+先生VS5年生27+先生で試合をしました。手加減なしの真剣勝負で、人数のハンデはありましたが5年生の勝ちでした。

 負けましたが「楽しかったな。また5・6年生の体育館の割り当ての日にしたいな。」と6年生の子どもたち。5年生も「とても楽しかったな。盛り上がったな!」とうれしそうにしてくれていました。

情報モラルの授業 6年生

情報モラル教育アドバイザーの今度珠美先生を講師としてお招きし、「インターネットの使い方を考える」をテーマに情報モラルについて学ぶ授業をしていただきました。はじめに、1枚の写真を見て、「入学式や卒業式の写真をすてきだったからみんなに見せたいという理由で、勝手にSNSに投稿するのは良いか?」ということを考えました。答えは…「許可なく投稿するのはいけない」です。なぜいけないのでしょうか。理由は、いくつかあります。一つ目は嫌な人もいるのに勝手に許可なく掲載するのはいけないということ、二つ目はどこの誰かが特定され、犯罪に巻き込まれる可能性があるということです。だから、むやみに投稿したり、それを広めたりしてはいけないということを教えていただきました。また、写真や動画を投稿するアプリを使用することの危険性についても教えていただきました。例えば、写真や動画を誰でも閲覧できるようにしていると、全世界の人に見られる可能性があります。その中で、後で写真や動画を削除しようとしてもそれまでに相手が保存をしていたら、相手の手元には残ってしまう。そして、保存された写真や動画がなりすましに使われたり、加工して別のことに使われたり、知らない所で売買されたりし、事件になることなどを教えていただきました。

そして、ネット依存についても教えていただきました。ネット依存まではいきませんが、子どもたちがした事前アンケートからネット依存になる危険性がある子もクラスにいるということがわかり、インターネットと上手につき合っていくにはどうしたらいいかを教えていただきました。

篠山中学出前授業 6年生

先週、篠山中学校出前授業を実施しました。2学期の英語の出前授業に続き、3学期は篠山中学校の森田校長先生のお話と中村先生の理科の授業をしていただきました。

森田校長先生は、体験入学の後に書いた中学校の先生への質問に答える機会を設けてくださいました。1人3つ書いていたのですが、その中から特に聞いておきたいことを質問しました。「部活はいくつありますか?」「持ち物のきまりはありますか?」「テストは一年間で何回ありますか?」など、一つ一つの質問にていねいに答えてくださいました。時間内に質問できなかったものは、冊子にまとめ、全ての質問に答えてくださっています。お子さんが持ち帰っていると思いますのでご覧ください。
その後、中村先生に理科の授業をしました。はじめに、中に魚のシールが貼ってある容器の中に水を注ぐと、中の魚が飛び出して見えるという実験をしました。それは、光の屈折が関係していることを教えていただき、光の屈折についてていねいに説明していただきました。

 

小高連携 6年生

小学校高等学校連携事業の一環で篠山産業高校の商業科の2年生のみなさんと交流をしました。

6年生は、「卒業プロジェクト」として、様々な思い出づくり企画を考えていますが、これもその一つとして、高校生のみなさんに教えていただきながら、思い出カレンダー作りをすることにしました。

高校生のお兄さん・お姉さんにパソコンの知らなかった使い方や機能などを教えてもらいながら、小学校での思い出写真や好きなイラストを入れ、カレンダーを作りました。最初は、緊張した様子でしたが、高校生のお兄さん・お姉さんがていねいに、優しく教えてくださったので終始笑顔でカレンダー作りを進めることができました。

篠山産業高校商業科2年生のみなさん・先生方、ありがとうございました。おかげですてきなカレンダーができました。

お弁当づくり 6年生

家庭科の「まかせてね、今日の食事」の学習でお弁当作りをしました。事前学習で、お弁当作りで大切なことは、①栄養バランス②彩り③味④ごはんとおかずの量⑤腐りにくいものということを学び、メニューを考え、調理実習をしました。家族の方と家で作る練習を来ていた子も多く、手際よく時間内においしいお弁当ができました。

出来たお弁当は、みんなで仲良くいただきました。「わぁ、〇〇ちゃんのお弁当は見た目もきれいやな。インスタ映えしそう!インスタしてないけど…。」「〇〇くんのお弁当おいしそう!食べたい!」「こんなにたくさんおかずを作ったの?すごいな!」などと感想を言い合いながら食べていました。

租税教室 6年生

「丹波地区租税教室推進協議会」主催で、毎年6年生対象に税務署の方や県税事務所の方や税理士さんなどを講師として派遣していただき、租税教室を開催していただいております。本年度は、税理士の村井さんにお越しいただき、①税の必要性、②税の役割、③税の種類と仕組み、④税の使い道について教えていただきました。

はじめに、どんな税金があるかを確認しました。「消費税」「ふるさと納税」「所得税」「自動車税」「入湯税」など子どもたちからたくさんの税金が出てきました。他にも様々な税金があり、約50種類もあるという話を聞き、驚きました。

次に、「もしも税金がなかったら、この日本はどうなるか?」がわかるDVDを見せていただきました。税金がないと、救急車を呼ぶのにもお金がかかったり、学校へ行くのにも授業料や教科書代がかかったりすること、みんなが使う場所のものが壊れても修理ができなくなるなど、困ったことになるということを知りました。