交通安全教室

篠山警察署の8名の方にお越しいただき、全校生と園児で、交通安全教室を行いました。

今年は、「ひまわりの絆プロジェクト」として、交通事故をなくしたいという願いを込めて、各学年の代表者が花壇にひまわりの種を植えました。

また、署員の方から、歩行者として道路を横断するときの注意点をクイズ形式で聞きました。子どもたちは、「右、左、右」を確認してから渡る正しい方法をしっかりと答えていました。

3・4年生は、自転車の乗り方についても、DVDを見たり署員の方の実演を見たりして、 学習しました。「自転車に乗るときは左側から乗る」「「止まるときは左足から地面につける」など、「自転車の乗り降りの際の「5つの『左』」を積極的に考えて発表していました。

1年生歓迎集会

注目

今日は、全校生で児童会主催の「1年生歓迎集会(1年生を迎える会)」を行いました。

4月から、児童会役員や6年生が中心となって準備を進めてきました。

たてわり班対抗の玉入れや、じゃんけん列車、6年生の楽しい劇等で盛り上がり、閉会の時には、1年生全員が「楽しかった!」と笑顔で答えていました。

学ぶ喜びを感じて(理科の授業から)

理科の学習で「春の草花ビンゴ」と「ミジンコ観察」をしました。子どもたちは実物を使いながら、花のつくりや顕微鏡の使い方を楽しく学びました。「観察がとても楽しい」とある子が笑いながら言いにきました。学ぶ喜びを感じているなとうれしくなりました。

岡野隕鉄 パンフレット完成

4年生が総合的な学習で取り組んだ「岡野隕鉄の学習」の集大成ともいうべきパンフレットが完成しました。ふるさとを代表する貴重な遺産であり、是非地元の人たちに知って欲しいという願いがあります。そこで、岡野小コミュニティ・スクールに協力をいただき、このパンフレットを岡野地区全戸(約1200戸)に配布する予定です。

すごいぞ!岡野隕鉄(パンフレットH30年度4年生)

 

みんなで42.195㎞ 6年生

7日(水)、卒業プロジェクトの目玉の企画、「みんなで42.195㎞!!」をしました。全員でリレーをし、フルマラソンの距離42.195㎞を走るという企画です。6年生25人と担任、途中保護者のみなさまや他学年の子どもたち、岡野小の先生方にもバトンをつないでいただき、見事42.195㎞(運動場276周)を走り終えることができました。タイムは2時間30分43秒でした。「3時間以内でゴールする」という目標を立てていたのですが、見事目標達成でした。応援も大盛り上がりで、最後まで楽しく走ることができました。

走る前は、「私は体力がないから不安や!走り切れるかな?」と言っていた子も弱音を吐かず、最後まで笑顔で走り切りました。これから先、不安なこと・苦しいことがあると思います。そんな時は、みんなでやり遂げたこの日のこと思い出し、がんばってほしいです。

 

6年生より (6年生を送る会から)

6年生を送る会の後半は、各学年からの出し物やプレゼントを渡しがあり、全校生が6年生に感謝の気持ちを伝えてくれました。

最後にすてきな会を開いてくれた1~5年生にお礼の気持ちと岡野小学校を今後もこんな学校にしてほしいという思いを込めた劇を6年生がしました。グループに分かれ5つのショートストーリーの劇をしました。脚本・演出共に子どもたちがしました。メッセージはありますが、笑いもたくさん含まれていて、1~5年生も大笑いでした。また一つ、忘れられない思い出ができました。1~5年生、そして、先生方ありがとうございました。

6年生を送る会

5日(火)、これまでお世話になってきた6年生に感謝の思いを伝える「6年生を送る会」を行いました。次のバトンを受け継ぐ5年生が中心となって計画・準備・運営しました。前半は縦割り班ごとに一緒に楽しむゲームをしました。どのコーナーも5年生が上手に進行していました。後半は、下級生が学年ごとに6年生にメッセージを伝えたり、用意してきたプレゼントを渡しました。最後には6年生からお礼の劇がありました。大いに盛り上がりました。さすが6年生!楽しいパフォーマンスでした。その姿はしっかり下級生たちに伝わったことと思います。5年生たちの頑張りのおかげで、最後まであたたかい雰囲気で会を終えることができました。うまく運営でき、5年生にとっては大きな自信になったことでしょう。

 

 

参観日「二分の一成人式」4年生

「二分の一成人式」では、子どもたちが、自分たちの成長や感謝の気持ちを伝えようと一生懸命考え、練習をしてきました。また、たくさんの掲示物を作り、準備を進めてきました。また、4年生全員によるダンスは、来週の6年生を送る会のために練習しているものです。「マルモリダンス」が流行ったのは、4年生の子どもたちが3才くらいだったでしょうか。中には「小さいころにおどってたんだって!」と言っている子もいました。

防災かまどベンチ完成披露会 

篠山市の避難所となっている本校に、篠山産業高校の先生と生徒の製作による「防災かまどベンチ」を運動場北側の飼育小屋の前に設置していただきました。この「防災かまどベンチ」は、高校生が考える県政1 5 0 周年記念事業として篠山産業高校が取り組まれました。普段はベンチとして使い、災害時にはかまどとして活用できるようになっています。また、飼育小屋の上にはソーラーパネルも設置していただき、電灯がつくようにしていただいています。

今週月曜日、産業高校の生徒約20名と先生方が来られ、完成披露会を催してくださいました。代表で本校2年生がその会に参加しました。かまどベンチ引き渡し式のあとは、高校生が防災クイズ(紙芝居をもとに)をしたり、実際にかまどベンチでブダ汁を煮てそれを児童にふるまってくれたりしました。まるゐのもやってきてとても楽しいひと時となりました。高校生のみなさん、ありがとうございました。

体験入学 1年生がエスコート

先週、来年度入学する子たち( 2 0 名)を迎えて、『体験入学』を行いました。体験入学には、4 月から本校に入学する予定の2 0 名が参加し、今の1 年生がその子たちをエスコートし、小学校の生活や勉強について伝えました。その中で1 年生が、「国語」「算数」「生活」「図工」「体育・音楽」「学活」の6 つのグループに分かれ、それぞれの教科の先生となり、各グループ5 分から1 0 分ほど、入学する子どたちに勉強を教えました。とても楽しい雰囲気の中で『体験入学』を終えることができました。